TOP  >  Q&A  >  タクシーの役割と現状について

タクシーの役割と現状について

ドア・ツー・ドアならではの、都市生活に欠かせない役割を担っています。

各輸送機関別輸送人員

他の公共旅客輸送機関が限られた時間内(始発から終電まで)に決められた場所から場所(点から点)への輸送を分担しているのにくらべ、タクシーは、個々のお客様のニーズに対応してドア・ツー・ドアの24 時間営業を行い、都市生活に欠かすことのできない役割を担っています。

全国総輸送人員:291億1,900万人(100.0%)
東京都区部 定期外 総輸送人員:46億7,400万人(100.0%)
全国のハイヤー・タクシー総台数(平成26年度)238,606台
全国のハイヤー・タクシー総台数の推移
東京の法人タクシー台数の推移
5つの営業区域で、地域の交通ニーズに応えています。

タクシーの営業区域と車両台数

タクシーの営業区域と車両台数
1車両あたり約2.5人、24時間の計画的な営業体制です。

法人タクシー事業者の規模

ほとんどが中小企業であるタクシー事業は、他の交通運輸事業には取られている政府の補助金等の措置 がありません。

従業員数規模別・資本金規模別

法人タクシーの営業体制

法人タクシーは、ABCDEF の6つの時差運行を主体に1台につき約2.5人の乗務員による交替勤務によって、年中無休深夜早朝にわたるいかなる利用者の需要にも応じた営業体制を とっています。

法人タクシーの営業体制