TOP  >  Q&A  >  タクシードライバーを希望される皆様へ

タクシードライバーを希望される皆様へ

  • タクシードライバーは、どのような仕事内容ですか?
  • 身近で使い勝手の良い公共交通機関として、24時間ドア・トゥ・ドアで動くタクシーのドライバーは、電車やバスなど他の公共交通機関と比べ、お客様個々のニーズに「おもてなし」の気持ちで対応することで、日常の移動手段に欠かすことのできない役割を担っています。
    お客様に乗車いただくための営業方法には、街中を走行中にお客様を探す (流し営業)、駅やホテルなどのタクシー乗り場で待機するほかに、お客様からの電話やスマートフォンアプリ経由で配車予約が入った際の迎車もあります。
    また、タクシードライバーは安全運転に必要な知識・技術と、自分が運転する地域に深い地理的知識が求められます。
    東京都特別区・武蔵野市・三鷹市地区でタクシードライバーとして乗務するには、普通第二種免許取得のほかに、東京タクシーセンターが実施する講習受講と試験に合格し、乗務員登録をすることが必要となります。
  • 現在普通第一種免許しか持っていませんが、タクシードライバーになれるでしょうか?
  • タクシードライバーになるためには、21才以上で普通第一種免許取得後、3年経過していることが受験資格となる普通第二種免許が必要です。なお、公安委員会が指定した教習所の卒業生については、2年経過で受験が可能となる特例があります。
    現在普通第二種免許を所持していない方でも入社後、会社が提携する教習所で合格するまでサポートしていますので、是非挑戦してください。
  • AT車限定の普通第一種免許しか持っていませんし、今後もマニュアル車の運転は考えられません。こんな私でもタクシードライバーになれますか?
  • AT限定普通第二種免許を取得していただければ十分ですし、現在東京都内のタクシー車両のほとんど全てが、AT車になっています。
  • 女性ですが、タクシードライバーを希望しております。女性でも大丈夫でしょうか?
  • お子様連れのお客様や、高齢の女性のお客様などから「女性ドライバーのタクシーに乗りたい」とのご要望も多く、女性ならではの細やかな心配りが、好評を得ております。
    また、自分のペースで仕事ができることにより、年々女性ドライバーも増えておりますので、ぜひ多くの女性の皆様、チャレンジしてみてください。
  • 東京の地理に詳しくありませんが、タクシードライバーになれるでしょうか?
  • 地理が不安な方でも、安心して乗務していただけるよう、「カーナビ」を全車搭載しているタクシー会社も増えております。 また、先輩ドライバーのきめ細かな乗務指導など充実した社内研修を通じサポートしています。
  • タクシードライバーの賃金制度はどうなっていますか?
  • タクシードライバーの賃金は、各人の運賃収入の一定割合が賃金額となる「歩合給制」が大半となっているため、やる気と実績次第で高収入が期待できます。
    具体的な賃金制度は、固定給との組み合わせ、各種手当の支給、賞与制度の有無など各社ごとに異なりますので、各社別の情報をご確認ください。
  • タクシードライバーの収入はどのくらいですか?
  • 平成27年度の厚生労働省「賃金構造統計調査」に基づくタクシードライバー給与額は以下のとおりです。
    ◎東京のタクシードライバー月額平均給与 約328,000円
    年収推定額  約3,940,000円
    ※東京都の新卒学生平均初任給 209,600円
      全国の新卒学生平均初任給 202,000円
  • 採用後はどのようなサポートを受けられるのでしょうか?
  • 普通第二種免許がない場合には、まず当該免許の取得をサポートします。 免許取得後は、仕事に対する心構え、接客のノウハウ、路上教習などの社内研修が行われます。
    また、ドライバー登録に必要な法令、接遇、地理などの試験に合格するためのサポートも行われます。
    これらに要する期間は、おおよそ3ケ月です。
    この後、実際にタクシードライバーとして乗務していただきますが、入社直後から独り立ちするまでの一定期間については、頑張る人を応援するため、歩合給ではなく固定的給与を保証する会社がほとんどです。
  • タクシードライバーはどのような勤務体系ですか?
  • 昼の時間帯に勤務する「昼日勤」、夜間の時間帯に勤務する「夜日勤」、2労働日の勤務を1勤務にまとめて行う「隔日勤務」や「短時間勤務」などがあり、ご自身のライフスタイルに合わせて選択することも可能です。
    このうち最も多い勤務形態は「隔日勤務」となっています。
  • 【隔日勤務の例】
    1日目の朝8時から2日目の深夜2時まで乗務すると、2日目の大半が明番となり、3日目の朝8時から乗務することになります。
    これを2回~3回続けた後、明番とは別に休日(公休)が入り、1サイクルとなります。
    勤務体系