TOP  >  タクシーの日

タクシーの日

8月5日は『タクシーの日』です。なぜ、8月5日が『タクシーの日』かご存知ですか。実は、大正元年(1912年)の8月5日、国内で初めてタクシーの営業がスタートしました。場所は現在の東京・有楽町。タクシーメーターを装備した6台のT型フォードで営業していたそうです。

わが国で最初にタクシーが誕生したのは1912年(大正元年)8月5日、麹町区有楽町の数寄屋橋付近(現在の有楽町マリオンの地点)に設立された「タクシー自働車株式会社」でした。

まずフォード6台でスタートし、上野と新橋に営業所ができました。このタクシーがそれまでのハイヤーと異なる点は、料金算出にタクシーメーターを採用したことでした。
当時のタクシー料金は最初の1マイル(約1,600m)が60銭、加算料金は1/2マイル増すごとに10銭、待ち料金は5分ごとに10銭、深夜・雨天・ぬかるみ(泥濘)の際は1/4マイルごとに10銭増しとなっていました。
正確なメーター器による料金算出という目新しさと、経済上の理由から利用者の人気を博したようです。

業界では、この8月5日を「タクシーの日」と定め、これを記念し毎年サービスキャンペーンを実施しています。

2013 8月5日「タクシーの日」に伴うタクシー乗り場「清掃活動」実施状況について
2014 8月5日「タクシーの日」に伴うタクシー乗り場「清掃活動」実施状況について
2015 8月5日「タクシーの日」に伴うタクシー乗り場「清掃活動」実施状況について
2016 8月5日「タクシーの日」に伴うタクシー乗り場「清掃活動」実施状況について
2017 8月5日「タクシーの日」に伴うタクシー乗り場「清掃活動」実施状況について